【お給仕】激動 名古屋DIAMOND HALL 1月10日(金)

2020年1月10日(金)名古屋DIAMOND HALL (参加)SOLD OUT!

今年初のBAND-MAIDのお給仕に参加して来ました。

当初は参加予定ではなかったのですが、実は大阪から名古屋はとても近いことが分かり急遽参戦に切り替えた経緯があります。

電車で京都まで出てしまえば新幹線でたったの34分で着いてしまいます。大阪に住み始めて交通の便でかなりの恩恵を受けています。

今年は節約がテーマなので昼飯は質素に「住よし」できしめんにしました。

きつねうどん:430円也!

消化も良く、名古屋食!そしてコストパフォーマンス高し!

少し早目に名古屋に着いたのでライブ用のコンタクトレンズを探しに行って来ました。(ちょうど切らしてしまった為)

購入したのがこのデイリーズのトータルワン

生感覚とうたうだけあり装着後の乾きがシリコン製に比べるとかなり少なく、目の負担が少なく感じました。

  • 価格は高め
  • 目の乾きはシリコン製より少ない
  • 外すときに滑りやすいので外しにくい

自分はライブに行くとき位しかコンタクトレンズは付けないのですが、コンタクトで目が乾くのが好きではないので少しでも良い環境を用意する為に奮発しました。

自分と同じようにコンタクトレンズが苦手な人はお試しあれ

早くも節約が崩れ去る・・・

会場到着!

名古屋DIAMOND HALLはビル内の階段に並ぶシステムのようで寒い外で待たずに済みました。

自分は今回C番だったので上の方まであがったのですが・・・

やはりおっさん率高し!

改めて客層をじっくり見るいい機会となったのですが、男性9割、女性1割、外人少々といったところ。

そして男性ですが、自分もおっさんですが更に年上と思われる40代、50代この層が思った以上に多かったです。もしかして一番多い層?

しかし、自分がまだ歳取ってもライブには行けると分かり少し安心しました。

年配の方でライブに行っていいのか心配している方を見かけますが、杞憂になるので安心して足を運んでみてください。

物販

バーガンディー(小豆色と言うと彩姫先生に怒られる)のTシャツとネイビーのタオル

近くの人がタオルを持っていましたがとても鮮やかで綺麗な色でした。

まさかの初球「Before Yesterday」

今ツアーのライブ開始後はいつも「Endless story」から始まるのがお決まりなのですがまさかの「Before Yesterday」って・・・

例えるなら初球ストレートが来るかと思っていたらまさかのスライダーで外角いっぱいを攻め込まれた感じでしょうか

彩姫ピッチャーの球筋は読めません。

多くのファンがこの初球で今夜の特別が嘘ではないことを汲み取ったと思います。

これが名古屋の特別なセットリスト!

Real Existenceは今ツアーでは意外と珍しかったのではないでしょうか。

中でもレアだったのがAwkward(アークワード)意味は「ぎこちない、下手」

この曲はあまり取り上げる人がいないのですが自分はかなりお気に入りな1曲です。

曲自体は平凡なテンポで始まり所謂BAND-MAIDファンが好きなハイテンポな勢いのある曲ではありません。

しかし、我慢してギターソロまで聞くとその評価は一変すると思います。

みんちょのギターとあーちゃんの小刻みなドラムで急に曲調がガラッと変化しテンション爆上げです。

スローテンポからのこの急激な曲調の変化・・・みんちょが過去に曲の変化を重視していた時期があるのですがこの曲はそのひとつじゃないかと勝手に想像しています。

しかし、ギターソロでスイッチ入る感じは今話題の「覚醒みんちょ」ぽい感じですね。

終盤の泣きのギターがまたなんとも泣かせます。

あとは新しいインスト曲が来たのかと思ったらBubbleの入りが変化していました。とてもcoolでまさにBubble2といったところ。

お給仕で曲が進化するのもBand-Maidの魅力のひとつといえます。彼女達の現状に止まらず曲を進化させる真摯な取り組み姿勢、これがなんちゃってガールズバンドとBand-Maidの明確な差ではないでしょうか。

新アルバムからはカタルシスが初登場となりました。こちらもとてもいい曲です。みんちょが狙ったアニメのタイアップが来るといいなぁ

小鳩タイム&ゴリラライムそして反省点少々

  • 新年のせいか盛り上がり野次のおっさん暴走
  • あーちゃんによるゴリラタイム、ファンは飼育員という設定

名古屋初めてだったのですが、小鳩タイムは異様な盛り上がりでした。小鳩が喋る前からファン達からの熱い言葉の数々・・・県民性?年明けのせい?

しかし、いつまでも暴走するおっさんがおり自分の近くのファンが「うるせぇ」と半分切れてました。お給仕でファン同士のやり合いは初めて聞いた気がします。

盛り上がるのはいいですが、やはり節度が大切ですね。

あくまで我々は平社員ですから、専務や社長の言葉を遮ったら怒られるのは当然です。

あともう一つあるのですが、C番の200以降と思われますが、遅くに入って来た柄の悪い連中がライブ開始前に前の方にガンガン割り込んで場所(みんちょ側)取りに行ったのはルール違反と思います。

彩姫MC

  • 新色タオルは何処の球団
  • 武田神社訪問者に「へぇ〜」の落とし発動
  • 我々は平社員だった。
  • クジのお年玉当たったのはみんちょが書いた分のみ

Band-Maidの会社設定話になりました。設定は以下の通り

  • 彩姫:社長
  • 小鳩:専務
  • みんちょ:受付嬢
  • MISA:秘書
  • あーちゃん:会社のマスコット

流れは忘れましたが彩姫から黙れ「平社員」という発言を頂きました笑

野次のおっさんも彩姫MC中だったらやられていたかもしれませんね。

クジの当たりとなる各メンバーからのお年玉はなんとみんちょの分しか当たってなかったことが発覚

まさかのチャンス到来!

お給仕終了後の争奪戦はどうなったのでしょうか笑

みんちょは字があまり上手くないらしいが今回は綺麗に書けたと言ってました。

ラストを飾るのはPlay

まさにこの名古屋は特別というだけありいつものセトリとはガラッと変わっており普段とは違う曲構成で非常に新鮮に感じました。

みんちょが玄人好みというのも納得。名古屋まで足を運びましたがやっぱり来てよかった!

Band-Maid今年も最高だぜ!

記事作成にあたりTwitterから幾つか情報を引用させて頂きました。いつもありがとうございます。感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。