2020年の目標

皆様明けましておめでとうございます。今年も何卒宜しくお願い致します。2020年が遂にスタートしました。

新年のいいモチベーションがあるうちに今年の目標を決めてみました。どこの研究だったか忘れましたが、人生に目標が無いとあるでは大きく行動が異なるそうです。目標があった方がその指針を意識し良い方向に自ずと行くそうです。

ではさっそく行きましょう。

①英語のヒアリングとスピーキング向上

diverse group of friends traveling together having fun

現在、日本の何処に行っても外国人観光客が増えました。これは都心部だけでなく地方の田舎も同様です。田舎の場合は観光客というより工場といった労働者の方が多いようです。

今後も日本には外国人が増えていく事が容易に予測されます。

色々考えて出した結論ですが、英語が話せて外人達とコミュニケーションが取れたらこの先の日本では絶対面白くなる!ということ

自分のサイトもBAND-MAIDを取り扱っているせいか海外からのアクセスが非常に多いのですが、当サイトは完全な日本語なので外人さんに対しては一方的な情報発信となっています。

海外ファン達ににいつか英語で情報発信してハッピーにしてやるのが目標かもしれません。

長い目標になりますが、英語を習得し外人達と日本文化の交流が出来たら人生が想像以上に広がると見ています。

肝心の勉強方法についてはYouTubeとNetflixで海外動画を見て自分で真似して話しています。

この方法を続けると英語脳が作られるそうです。半年程頑張って経過を見てみたいと思います。

大人になると勉強系の目標が無くなるのでいい目標ができました。結果が付いてくるかは別ですが^^;

②行ける範囲でライブに参加

昨年はBAND-MAIDのライブにどハマりして結構な数のライブに参加しました。

東京、大阪、金沢、広島、福岡と日本の各地の旅も出来、お金は使いましたが家にいるより全然楽しかったです。

本来連チャンでライブに行く事は禁止していたのですが、気付いたらバシバシ予定を入れていました。

これは過去に大好きなお寿司屋さんに3日間連続で通ったら最終日の寿司には何も感動しなかった経験からきています。

ライブも連続で行くと同じ事になると勝手に決めていました。確かに連続で行くと感動は減りますが、食べ物の比ではありませんでした。

またライブは運動量が多いので一種のジムに通うような感覚でもいます。「運動も兼ねてちょっと行ってくるか」的な感じ、こう考えるととても健全です。

無理をすれば全国全てを回れますが、自分は節約して投資をするという一面もあるのであくまで無理はせずバランスよくライブの参加をしたいと思います。

基本はBAND-MAIDを中心にして大阪で行われるライブは色々なアーティストを見てみようと思います。

直近のライブ参加予定

  • BAND-MAID:名古屋1/10、神戸1/11、渋谷2/14
  • REOL:広島2/8、福岡2/9、大阪3/7
  • 東京事変:チケット取れたら大阪

行かれる方は是非現地で宜しくお願いいたします。

③適正体重の維持と筋トレ

会社では全く動かないので完全な運動不足です。

健康面で怪我や病気になるとお金も掛かるし周囲に迷惑も掛けます。また、太ると見た目の印象も悪くなり、見方によっては自己管理ができない人とも見られてしまいます。

継続する運動

  • 月一のヨガ通い
  • 家でプランク
  • 家でスクワット
  • 家で腹筋
  • ボルタリング行ってみる

④節約、具体的に車は絶対買わない

自分は車大好き人間でしたが、車に掛かる税金がやはり高過ぎるとの結論に至ります。

2000ccのスポーツカーを維持していた時は年間50万円程の維持費が掛かっていました。

この50万円を株の配当金で得ようとすると、約1,000万円が必要となります。

つまり

  • 車1台保有することは1,000万の高配当株を保有するに値する。
  • 月収20万の場合、約2〜3ヶ月は車の為に働くことになる。

この二つの理論に至り、再びスポーツカーを買う気でいましたが、大金を得るか田舎に転勤になるまで車は買わないことを決意しました。

今の日本の車社会については、税金、ガソリン高騰、煽り運転、ネズミ捕りとちょっと悪条件が重なっています。

特に煽り運転が増えたおかげで車を買っても楽しく走れない環境が増えたのも外せません。

結局のところ車は掛けたお金に対してのリターンが過去のように魅力的なものでは無くなってしまったと言えます。

今年は日本を色々旅しましたが、新幹線がやはり最強と思います。時間通り着き社内では作業や食事が出来ます。目的地への細かい移動はタクシーにすればこれで事足りてしまいます。

⑤怒らない、人の話をしっかり聞く、愚痴らない

これは人間的な部分になります。

自分の尊敬する上司はいつも目線を合わせて話を聞いてくれました。

管理職が近づくにあたり上記の理想像を意識するようになりました。今年は怒らず、相手の話をしっかり聞いて結論を出していく余裕のある大人になりたいと思います。

また愚痴についても極力避け、前向きな発言を多くし+を発する人になりたいと思います。

その為にも仕事は少し余裕を持った体制をなんとか構築したいと思います。

⑥一度行った店は極力避ける縛りルール

特に飲食店ですが自分はどうしても一度見つけた優良店に通う癖があります。歳を取るにつれ冒険をせず保守的になっている自分がいるのです。

色々な発見を見つける為に今年はある程度のリスク覚悟で新規開拓を進めます。

これは名著「チーズはどこへ消えた?」的な発想です。保守的なままいても決してチーズは増えませんから・・・

⑦ゲーム完全禁止

元々、スーパーセルのスマホゲー、PUBG、スマブラ等の重度のゲーマーでした。

狂ったようにゲームを続け得た快楽も多くありますが・・・やりまくったお陰でもういいかなという域に達しました。

この時間をもっと今しか出来ないこと、特にリアルで使いたいという考えです。

恐らくゲームに戻るのはやる事がなくなった70歳とかその辺りからと思います。

今はゲームをする暇があれば英会話に没頭したいです。

⑧投資の継続

昨年はダウが続伸し順調に行きました。

特に買い続けていたS&Pと米国株が非常に良いパフォーマンスを残しました。日本株もそれなりに良かったのですが米国株>日本株の図式は続きます。

自分は残念ながら投資が上手いということもありません。過去には成長を予測した銘柄に大金を掛けて大損もやってきました。

そんな中で自分の中で勝てるものを探した所、継続性だけはなぜか他人より長けているという長所に目をつけました。

例えば毎月幾ら貯金すると決めればその通りにやるし、几帳面な性格とは思いませんが、目標に向って進むことに対しては案外得意なようでした。

この継続性という長所で戦える投資法を考えた時

ロナルド・リード氏しかいない!と思いました。

ロナルド・リード氏

  • 元々ガソリンスタンドで働く低所得者
  • 毎月2万円程度(※諸説ある)で米国株を買い続けた。
  • 服はボロボロ、近くの有料駐車場を避け遠くの無料駐車場に停める節約家
  • 亡くなった際の資産は8億まで到達

37歳から投資を始め最初は100万程度で投資を開始したそうです。

彼の魅力はなんといってもガソリンスタンドで働く何処にでもいそうな庶民だったと言う点ではないでしょうか、しかも家庭持ちです。

そんな彼が死に際には8億円という大金を作っていたというのですからなんとも夢があります。

投資法は完全なバイ&ホールド、優良米国株を買い続けひたすらホールドするといったものです。

所謂、アインシュタインが絶賛した複利の力を使った稀有な例です。

短期で儲ける手法ではない為、敬遠されるのですがこれこそ凡人が行き着く道なのかもしれません。

自分はちょうどロナルド・リードが投資を始めた37歳になりました。彼と違うのは一定の資産がある程度あること、そしてガソリンスタンドの店員より収入は良いということ、この利点を利用すれば彼が到達した億の地点より遥か早くに到達できるのではないかと考えています。

世の中には短期で金持ちになった方が多く取り上げられますが自分には才能がないので上記のスタイルで行くことを決めました。

⑨人との出会いを大切に

現在、大阪で出来た友人のお陰で色々と新しいことに挑戦できています。やはり人から影響を受けたり一緒に何かをやるのは素晴らしいと実感しています。

人との出会いで得るものは足し算ではなく掛け算になることが多く、今年も一期一会となっても人との出会いを大切にしたいと思います。

目標は多少変更はしていくかもしれませんが、今年の目標は以上になります。

2020年を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。