たまにはBAND-MAID以外の話をしよう。

今年の仕事も終わり実家でゆっくりとした時間を過ごしています。

当サイトは基本的にBAND-MAID記事が中心ですが年末なので他の気になっているBANDやアーティストをいい機会なのでご紹介したいと思います。

お気に入りのBANDが見つかった時はなんとも嬉しいですよね

Reol

きっかけはBAND-MAID同様にYouTube経由、たまたまサムネイルを開いて聞いたら圧倒的な歌唱力と独自の世界観に惚れ込みました。

激白という歌が一番好きなのですが、あの相川七瀬を彷彿とさせるロックな感じがたまりません。

他の曲も独自の世界観があり、隠と陽で言えば完全な隠寄り、椎名林檎とかそっち系が好きな人はにはたまらないのではないでしょうか

元々ニコニコ動画の歌い手出身だそうです。

BAND-MAIDのKANAMIもニコニコ動画で自分の曲を上げていました。

現代社会ではネットの力で本当の実力者が利権者達に阻まれる事なく世界に進出できるとても良い時代になりました。

凄く気に入ったので次回の広島で行われるライブに参加予定です。

King Gnu

もはや説明不要レベルの人気になったKing Gnu

3rdアルバム「CREMONY」が1月15日に発売されます。

椎名林檎のように拡声器を使ったり彼女からかなりインスパイヤされたと語っていました。

BAND-MAIDの小鳩もそうですがやっぱり椎名林檎をどこか祖とするBANDに自分は惹かれてしまいす。

いつもハードな曲ばかり聴いているのですがこういった感じの曲もいいと気付かせてくれます。

白日を聴いておけば間違いないでしょう。

Co Shu Nie

King knu同様にアニメのEDで知りしました。

これまた独特な世界観で隠寄り

ボーカルはギターもピアノもこなします。

来年はBAND-MAIDもアニメの大型タイアップが来てブレイクしないか期待しています。

人間椅子

今年で結成30年・・・

これはLUNA SEAと同じです。

イカ天という過去の人気テレビ番組で辛口審査員から高評価を連発するもその後、鳴かず飛ばず。

今見ると新しすぎたのかもしれません。BANDを始めた理由が陰気な自分を治したいという理由で笑ってしまいました。

結成20年の次点でアルバイトを続けてband活動をしている話などがYouTubeには上がっていましたが、なんとも涙をそそる話です。

普通のBANDならさっさと解散となりますが20年間続けるでしょうか普通・・・※ドラムは4人目

そしてようやくYouTubeで経由で火が付き再び彼等に光が差します。

流れ的にはBAND-MAIDと同じですが、苦節30年・・・

もはや彼らの出す音はパッと出のbandが出せる音ではなく30年間の重み、苦労が積み上がっており尋常ではありません。

切ないギターソロも凄まじい

ギターの和嶋さんとBAND-MAIDのKANAMIがサウンドファイターでギターバトルを繰り広げたのも記憶に新しいです。

彼等が語っていました。

昔はテレビしかなく、イカ天の様な場しかインディーズバンドが脚光を浴びる場が無かったと・・・

こう考えると今のYouTubeといった個人が世界に動画をあげられる時代は大チャンスなのかもしれません。

ただ個性のないBANDは生き残れない現実もあります。

Amazarashi

人間椅子と同じく青森出身で文学的な部分を持つBAND

これまた独自な世界観、スピードと摩擦は名曲です。

PassCode

大阪なんばhatchで行われたBAND-MAIDの対バン相手

ショボかったらBAND-MAID見て帰ろうかと思ったのですがシャウトが激しく可愛いアイドルがやる楽曲とは一線を画しており、衝撃を受けました。

楽器隊もアウトソーシングしており本格的で曲調も変化が大きく自分好み。

ただ、ライブでのサーフがとても多いのでアレをやられたらイライラしそうです。(自分の推しの子のところにサーフするとかどうとか笑)

自分が注目しているのは以上となります。

自分で記事を書いてみて改めて見直してみると自分の好きなBAND、アーティストの趣向が見えて来ました。

  • 陽より隠
  • 和テイスト寄り
  • 唯一無二の独自性
  • 椎名林檎テイスト

皆さんのお気に入りもこっそり教えてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。