GiGSにBAND-MAID登場!

音楽雑誌GiGSにBAND-MAIDが登場しました。

欲しい人はお早めに

今回購入の決定打はBAND-MAIDですが、僕の好きなLUNA SEA特集も兼ねると言うので速攻でゲットしてきました。

いつも行く大阪グランフロントの紀伊国屋さんに行ったのですが本が置いてなく置き場所を店員さんに聞いたら「売り切れました!」とのことです。

幸いにも別の本屋で見つけましたが、LUNA SEA特集も合間って売れ行き好調の様なので欲しい人はお早めに

表紙は結成30年目に突入したLUNA SEAが飾る

結成30年・・・とても50歳近くの面々には見えません。

僕の青春時代はLUNA SEA、GLAY、L’Arc〜en〜Cielと大ロックバンド時代でした。

GLAYの20万人ライブ、ラルクのシングル3枚同時リリース、LUNA SEAのヘリでライブ登場等々、今考えるとバブリーでぶっ飛んでいた時代です。

いつもこの時代にBAND-MAIDがいたら凄かっただろうなあと妄想するのですが、こうして時を経て同じ雑誌に登場するのはなんとも感慨深いものです。

名曲SRORM!今聞いても全く色褪せない

ROSIERでJがマイクをぶん投げるパフォーマンスが最高にクール

BAND-MAIDも決まった楽曲だけに何か強烈なアピールが入ったら面白い事になるんじゃないかと思います。

例えばかなみんちょの歯ギターとか最高の売りになると思います。

スティーヴン・リリーホワイトとコラボ

スティーヴン・リリーホワイトStephen LillywhiteCBE1955年3月15日 – )はイギリス音楽プロデューサー1977年の活動開始以来、これまでにグラミー賞を5度受賞[1]、500以上の作品に携わり[2]2012年には大英帝国勲章を受勲するなど、プロデューサーとして輝かしい実績をもつ。

wiki

30周年結成にあたりU2のプロデューサーも務めたスティーヴ・リリーホワイトと一緒に楽曲を作ったそうです。

さて皆さんはもうお気付きと思いますが、この流れはBAND-MAIDのトニーヴィスコンティと同じですよね

LUNA SEAは最高の楽曲が出来た様で大御所LUNA SEAを持ってしても名プロデューサーとのコラボは非常に高いシナジー効果があることを示しています。

アルバムCONQUERの作成秘話

少し話が脱線しましたが、我らがBAND-MAIDに戻ります。

特集は主に新アルバムCONQUERについて

各自が制作で印象に残った曲をあげていました。

  • MISA:Dillemma
  • AKANE:輪廻
  • kobato:カタルシス
  • saiki:PAGE
  • kanami:The Dragon Cries

各メンバーが曲を上げかなみんちょがその詳細を語って行くという素晴らしい構成

小鳩の新技はflying highで登場

詳しくは雑誌をチェック!

DillemmaでかなみんちょのSっ気が炸裂!

2週間で作成となった新曲Dillemma、絶望から復活したかなみんちょはテンポの早い曲を作ることに

どんどん〇〇しちゃうぞ❤️

Sみんちょキター!

結果、驚異のBPM210に到達!

  • 輪廻 190
  • spirit 175

茜がツーバスBPM175を叩ける様になったのを確認し輪廻の190を被せて来るドSっぷり

前回のGiGSで語っていた通り私はS気質発言はやはり音楽に対してということが分かります。

そして被害者は安定の楽器隊w

詳しくはMISAの自己紹介の記事を参照下さい。

詳細はGiGSをチェックしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。